印象アップの方法|口元のトラブルなら審美歯科へ

歯

失った歯の治療法

施術の痛み

歯ブラシ

神戸では、歯を失った場合の治療としてインプラントが行われています。これは、歯がない顎の骨に人工歯根を入れて、それを土台に人工歯を付ける治療です。きちんと顎の骨に固定されるので、自分の歯のように食事を楽しむことができます。見た目も天然歯と変わらず、周りに治療に気づかれる恐れがないです。顎の骨に人工歯根を入れると聞くと、多くの方がインプラント手術の痛みを心配します。しかし、神戸の歯医者では、手術の際に局所麻酔をしてから行います。したがって、施術箇所が痛むことはないです。麻酔がきれた後に多少傷口が痛む程度で、我慢できるレベルです。また、施術後は患部の腫れが見られることもありますが。数日くらいで治まります。なので、心配することなく施術に臨めます。

施術ができないケース

インプラントは、神戸の歯科医院で人気の治療です。虫歯で歯がなくなった場合に、歯の機能を取り戻すことができます。便利な治療ですが、誰でも施術を受けることが可能というわけではないです。まず、年齢制限があって、最低16歳以上の人でないと施術が行えないです。というのも、16歳以下の方はまだ顎の骨が成長段階にあるからです。施術を行うと、後々トラブルになります。その他にも、心臓病や糖尿病の持病がある方、妊娠中、骨粗鬆症の方は施術を受けられないです。施術で体に害になる可能性があるからです。それと、埋め込む顎の骨の量が極端に少ない場合もインプラント施術は無理です。骨の量が少ない場合は、骨を他の部位から移植して十分な骨量を確保できます。なので、神戸の歯科医院の医師ときちんと相談したほうが良いです。